建学の精神

「報恩感謝」

 「日本医療科学大学」は、「報恩感謝」を校是としています。
 人は生まれながらにして、親、家族、社会から様々な恩恵を受けて、生かされています。例えば、今日食卓で口にするもの一つをとっても、見知らぬ多くの人々の手を経て私たちに届くのです。
 こうした恩に報い、常に感謝する気持ちを持った有為な人材を育てることこそ、「日本医療科学大学」の崇高な理念であり、この建学の精神を具現した多くの医療人・研究者を輩出させたいと考えています。

沿革

城西医療技術専門学校の歴史と伝統を受け継いで誕生。

本学は、歴史と伝統ある城西医療技術専門学校を前身として、2007年4月に誕生しました。城西医療技術専門学校は、姉妹校城西放射線技術専門学校とともに長年にわたって医療・福祉分野に優秀なスペシャリストを送り出してきた実績ある学校です。

新しく生まれ変わった日本医療科学大学は、医療の高度化・専門化に対応した人材を育てていきます。

1960
(昭和35)年
学校法人城西学園 城西レントゲン技術専門学校設立
1971
(昭和46)年
城西放射線技術専門学校と改称
1984
(昭和59)年
学校法人城西学園 城西医療技術専門学校設立(診療放射線学科)
1996
(平成8)年
城西医療技術専門学校理学療法学科開設
1999
(平成11)年
城西医療技術専門学校作業療法学科開設
2003
(平成15)年
学校法人埼玉城西学園設立 城西医療技術専門学校移管
2006
(平成18)年
法人の名称を学校法人城西医療学園に変更 日本医療科学大学設立認可
2007
(平成19)年
日本医療科学大学開学
2012
(平成24)年
看護学科/臨床工学科 開設
2021
(令和3)年
臨床検査学科 開設

日本医療科学大学の求める人物像

  • 将来、医療関係者として、また医療に関する研究者としても活躍が期待される人。
  • 大学進学に対して確かな目的意識を持ち、学ぶ姿勢を大切にする人。
  • 自己形成に励み、将来に向かって地道に努力する人。
  • 言動、身だしなみなどについて礼儀や常識を心得ている人。
  • 他人への思いやりや連帯感を持っている人。
  • 好ましい人間関係を身につけ、健全な社会人として活躍する可能性を持つ人。