入試情報


Home » NIMSの取り組み

日本医療科学大学が考える朝食とは・・・

前のページへ戻る

将来、医療人となる学生に対し、本学では朝食を安価で提供することで、講義や実習などへの意欲向上を図っています。

食生活改善運動(朝食の欠食をなくそう)

朝食を食べないと・・・健康に良くない/朝食を食べないと・・・脳のエネルギー源として必要なブドウ糖などが不足し、脳がうまく働かない/朝食を食べないと・・・集中力の散漫やいらいらにつながる 朝食は日々の暮らしにおいて、重要な役割を担っています。

朝食は日々の暮らしにおいて、重要な役割を担っています。本学では、平日8:30~9:00の間、食堂のカパティーナにて朝食サービスを実施しています。価格は100円・150円とリーズナブルです。1人でも多くの学生が、朝食をしっかり食べて講義に出席し、より有意義なキャンパスライフを送ることを願っています。

€

「新生活応援フェア」「定期試験応援フェア」と題して在学生に一定期間、朝食を無料で提供!以前は朝食の欠食により、講義に集中できない日もありましたが、朝食を習慣づけることで、集中力UPにつながりました。/一人暮らしをしているので、とても便利!毎朝食べています。ボリュームはあるけど、食べることに意味があると思うので、頑張って食べています。/おいしいし、リーズナブルです!移動販売車にも来てもらっています! 主なメニュー/日替わり弁当、カフェ(チキン南蛮、ワッフル、ドーナツ、かき氷など)/フランスドック/タピオカドリンク/クレープなど/季節や学生の希望に応じて、メニューも追加しています!