学部案内


Home » 学部案内 » リハビリテーション学科 (理学療法学専攻)

リハビリテーション学科 (理学療法学専攻)

前のページへ戻る

  • 理学療法学専攻
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器

理学療法学専攻について

日本医療科学大学は平成19年に開設した新しい大学ですが、城西医療技術専門学校の伝統を受け継いでおり臨床実習や就職に有利な大学と言えるでしょう。
本学の理学療法学専攻は、多様化する社会のニーズに応えられる理学療法士の育成を目指しています。理学療法の対象者が「何に苦しんでいるのか」「何に困っているのか」「何を求めているのか」に共感し、「何かしてあげたい」という気持ちを持てること。そして、その気持ちを実行に移すために「今、何をするべきか」を理解して、具体的な治療のための行動を起こすことが治療者として求められます。更に、チーム医療の一員として、自分の意見を持ちつつ他職種と協調できるということが、リハビリテーションチームの一員として求められます。
治療者として人を理解するためには、まず自分の立場や行動が人からどう見られているかを客観的に判断できなければなりません。常日頃から自分を客観的にみることで、人を理解することができるわけですから、身だしなみや言動に対しても積極的に助言や指導をするようにしています。そのあたりは一般的な大学とは少々異なるかもしれません。

理学療法士とは

「病気やケガにより、身体に障害を持った方が、一日も早く社会生活に復帰できるように、リハビリテーションを行う専門職です。立つ、歩くなどの基本的身体能力の回復を図る運動療法を主として、物理的なエネルギーを用いた物理療法も行います。

社会のニーズ

高齢化社会の進行に伴い、病院だけでなく社会福祉施設や保健分野での活躍も期待されています。また、スポーツの分野からのニーズも増えており、活躍のフィールドは大きく広がっています。今後は、医師や看護師等と連携を取り、チームの中で専門性を発揮することが、より求められてきます。

学科長からのメッセージ

医療人としての心と理学療法技術を身につけ、卒業後の臨床現場での「基本的即実践力」の育成を目指します

リハビリテーション学科 理学療法学専攻長

伊藤 芳保 教授

 理学療法士は、障がい者の生活の負担を軽減し、健康を保ち続けるために社会貢献できる専門職です。本専攻では、この目的を達するために、スポーツ領域から地域理学療法学など様々な必要カリキュラムが準備されています。また、知識・技術を身につけるには、反復した練習が必要となります。学年での学生間や先輩と後輩がともに学べるための理学療法演習など授業への工夫がされています。さらに、臨床現場で必要とされるチーム医療を考え、学科・専攻合同でのチーム医療演習を取り入れています。医療人としての心と理学療法技術を持ち合わせ、卒業後「基本的即実践力」を身につけられる教育を目指しています。

  • 理学療法学専攻
    について
  • 履修の流れ・
    カリキュラム
  • 学びの特色と
    実習内容
  • 設備機器