保健医療学部

保健医療学部について

少子・高齢社会といわれて久しい今日。本学では、こうした日本特有の社会環境に対応できる、高度な専門性を備えた医療スペシャリストの育成をめざして、診療放射線学・理学療法学・作業療法学・看護学・臨床工学に関する専門教育と研究を行っています。日々進歩する医学の成果を充分に取り入れた研究を活発に行うことはもとより、演習やゼミを充実させることによって、研究能力を備えた「人間性豊かな医療人」を育みます。

学部長からのメッセージ

「高度な専門知識と確かな技術力ならびに豊かな心を持つ「医療人」を養成

  • 保健医療学部長

中谷 儀一郎 教授

 日本医療科学大学の教育理念は、人間性、問題解決性、社会性、未来性であります。
 人に対して思いやる心を持ち、かつ個人として自立できる人間性。問題解決に向かって自ら進んで学び研究し、意欲的に取り組む問題解決性。社会の一員としての自覚を高め、高い教養を身につけた上で、地域社会はもとより我が国、さらに国際社会に貢献できる社会性。未来における課題を研究し、未来に向かって必要とされる未来性。これらを兼ね備えた美しい心根と風格のある人材の育成を目指して、臨床経験豊かな専門職スタッフが徹底した指導を行い、高度な専門職と豊かな技術力ならびに豊かな心を持つ「医療人」を養成しております。

 

基礎教育科目カリキュラム (全学科共通) (全29科目)

[人文・社会・自然科学]

哲学/生命倫理学/心理学/教育学/文学/社会学/歴史学/国際関係論/比較文化論/法学/経済学/コミュニケーション論/生物学/物理学/化学/数学/医療保健統計学/国際保健学/日本国憲法(看護学科 保健師課程履修者のみ)

[演習基礎]

文章表現演習/情報リテラシー/基礎ゼミ/体育I/体育II(看護学科のみ)

[外国語]

英語Ⅰ(基礎英語)/英語Ⅱ(文献講読)/医療英語/実践英語/中国語

 

チーム医療教育

高度化した医療現場におけるチーム医療では、患者様に効果的で効率的な質の高い医療を提供するため、個々の主体性と協調性が求められます。これらに対応するために日本医療科学大学では、カリキュラムに各学科・専攻合同で行う「チーム医療演習」を導入し、様々な工夫を凝らした授業を展開しています。この授業の目的は、チーム医療を構成する一員としての自覚や基本姿勢を学ぶことであり、他職種への理解を深めるだけでなく、現場でのチーム連携や学生間の持続的な関係づくり、人間関係の調整能力を身につけることです。