学部案内


Home » 学部案内 » リハビリテーション学科 (理学療法学専攻) » 学びの特色と実習内容

リハビリテーション学科 (理学療法学専攻)

前のページへ戻る

学びの特色

マナーを備え持つ未来の医療人としての教養や問題解決能力を「専門基礎科目」で養います。「専門科目」では、理学療法学の知識と共に、充実した実習により確かな技術を修得していきます。
また、高齢化社会が急激に進行するなか、在宅介護やグループホームなどで必要性の増す地域理学療法や、医療現場において重要なチーム医療など、未来を見据えた理学療法学を学ぶことができます。
さらに、治療技術に留まらず、患者様の心理を理解できるよう、臨床心理学から福祉行政まで必要な知識を身につけます。一線で活躍する専門家による演習もあり、最新の理学療法に触れる機会も整っています。

実習内容

理学療法学専攻の臨床実習例

学外の協力病院や施設等において、それぞれ目的を持った臨床実習を行います。

理学療法評価学臨床実習I

学内で修得した検査、測定方法について実際の臨床の場で体験して、学内授業をいかに臨床の場で応用するかについて具体的に体験を通して学習することを目的とし、病院・施設で実習を行います。

理学療法評価学臨床実習II

病院や施設で、基本的な理学療法について臨床実習指導者のもと、対象者に対する一連の評価を実施します。
治療計画を立案し、理学療法の技術・能力を身につけます。

理学療法治療学臨床実習

理学療法の技術・能力の向上を図ります。実習内容は、臨床実習指導者のもと、対象者に対する評価から治療までの実習を行い、治療効果の検討などをさらに深く学びます。

理学療法学専攻の年次別臨床実習

年次

前期

後期

目的 方法 時間
(単位)
2年次  

I

 

①医療専門職としてふさわしい資質・態度を養う。
②各施設における理学療法士の役割・業務の流れについて学ぶ。
③学内で習得した知識を応用し、臨床場面で検査・測定を実践する。
④症例の機能能力障害を観察し、理解する。
関東甲信越を中心とした全国の実習施設で実施する。
臨床実習指導者の指導監督のもと、理学療法の検査測定と解釈について重点的に実習する。
180時間
(5単位)
3年次  

II

①医療専門職としてふさわしい資質・態度を養う。
②学内で習得した理論と技術などの知識を応用し、臨床場面で検査・測定を実践する。
③症例の機能能力障害(正常からの逸脱)を観察し、理解する。
④検査・測定結果を統合・解釈し、問題点の抽出、目標設定・基本的治療計画の立案を行う。
関東甲信越を中心とした全国の実習施設で実施する。
臨床実習指導者の指導監督のもと、理学療法評価を行い問題点の抽出、目標設定、治療計画立案を実習する。
270時間
(7単位)
4年次

  ①医療専門職としての理学療法士の資質・態度を養う。
②病院等の全体組織をはじめ、リハビリテーション部門、理学療法部門等の運営・管理について学ぶ。
③患者様の評価・治療計画の立案を学び、学内で習得した理論と技術を応用し理学療法を実践する。
関東甲信越を中心とした全国の実習施設で実施する。
臨床実習指導者の指導監督のもと、理学療法評価から治療までの総合的な理学療法を実践する。
360時間
(9単位)

取得可能資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)

活躍のステージ

大学病院、総合病院、一般病院、診療所、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、地域リハビリテーションセンター、老人福祉施設、保健所、保健センター、スポーツ分野、フィットネス産業、教育・研究機関、医療機器関連企業 など