学部案内


Home » 学部案内 » 診療放射線学科 » 設備機器

診療放射線学科

前のページへ戻る

設備機器

  • MDCT(X線CT装置)CT検査では、患者さんに撮影台に寝てもらうだけで短時間で検査が終了します。ドーナツ型をした装置の周囲からX線を照射して人体のX線吸収の程度を断面や3D画像としてみることが出来ます。
  • 医用画像ワークステーション CTやMRIで得られた画像データを処理し、画像の3D表示や定量解析など診療放射線技師の仕事として重要な高度な画像処理をする専用装置です。
  • DR装置(エックス線テレビ装置) エックス線を使って、まるでテレビを見ているような感覚で体内の映像が映し出されます。みなさんがご存じのバリウムを飲んでする胃の検査も、このテレビ装置で行います。胃の壁にバリウムがまんべんなく付着するように、患者さんに体を動かしてもらいながら、時々息を止めて撮影します。
  • エコー撮影装置と練習用ファントム波長の短い音波を人体に当てて反射してくる音波の強さを画像にします。被曝がない為、自身の体で練習も出来ますが、練習用ファントムにより実際に検査を行う感覚で様々な臓器を画像にして見ることが出来ます。
  • X線一般撮影装置と練習用ファントム身体のあらゆる部位をX線を用いて平面画像として撮影する装置です。病院以外で人体にX線を照射することは出来ないため、学内実習では人体の各部を模したもの(ファントム)で撮影練習を行います。
  • エックス線管とエックス線の制御 エックス線の照射方向や距離、さらに照射面積を制御する装置です。
  • マンモグラフィ装置(乳房撮影専用装置)低いエネルギーのX線を用いて乳房を撮影し、腫瘍や石灰化などの有無が分かります。検査は数分程度ですが小さい病変も発見することが出来ます。
  • エックス線管 クーリッジ管と呼ばれている真空管です。真ん中に見える渦巻き状のフィラメントから電子を放出させ傘のような形状のターゲットに衝撃させてエックス線を放射させます。
  • MRI装置(磁気共鳴断層装置)MRIは、磁石と電波を使って体内を撮影する装置です。X線CT同様、体の断面像を得ることができます。また、検査用の薬剤を用いずに血管像を得ることもできます。
  • 人骨による骨格標本とエックス線写真 エックス線によって人体の骨格は写真のような影絵となって写し出されます。