学部案内


Home » 学部案内 » 保健医療学部

保健医療学部

前のページへ戻る

保健医療学部について

少子・高齢社会といわれて久しい今日。本学では、こうした日本特有の社会環境に対応できる、高度な専門性を備えた医療スペシャリストの育成をめざして、診療放射線学・理学療法学・作業療法学・看護学・臨床工学に関する専門教育と研究を行っています。日々進歩する医学の成果を充分に取り入れた研究を活発に行うことはもとより、演習やゼミを充実させることによって、研究能力を備えた「人間性豊かな医療人」を育みます。

学部長からのメッセージ

「強い意志」を持って医療専門職への夢を実現しましょう

  • 保健医療学部長

中谷 儀一郎 教授

 本学では、基礎学力の向上を図るために、医療・基礎教育科が入学前・入学後を通して、個別またはグループ別に学修支援をします。これは、不安の残る学生が自信を持って専門領域への第一歩を踏み出せるよう応援するプログラムです。入学前から課題やセミナーを積極的に行い、充実した準備期間を設けることで「安心」して大学生活を送ることができます。フレッシュマンセミナーでは共に学ぶ仲間作りを行い、授業開始後には毎週行う基礎教育演習により基礎科目の補習や学習方法の指導を一人一人細やかに実施します。高学年次には各専門領域の教員と共に国家試験に必要な専門基礎科目において、納得のいくまで丁寧に繰り返し補習・補講を実施することにより専門基礎力の充実を図り、医療専門職への夢を実現するお手伝いをします。

 学生の皆さんが医療専門職としての人生を自ら創ることができるよう、私たち教員は全力で応援しています。

 「強い意志」を持って医療専門職への夢を実現しましょう。

基礎教育科目カリキュラム (全学科共通) (全26科目)

[人文・社会・自然科学]

哲学/生命倫理学/心理学/教育学/文学/社会学/歴史学/国際関係論/比較文化論/法学/経済学/コミュニケーション論/生物学/物理学/化学/数学/医療保健統計学/国際保健学/日本国憲法※

[演習基礎]

文章表現演習/情報リテラシー/基礎ゼミ/体育※

[外国語]

英語Ⅰ(基礎英語)/英語Ⅱ(文献講読)/医療英語/実践英語/中国語

 

※看護学科 保健師課程履修者のみ

チーム医療演習

コミュニケーション能力を備えた人材を

近年の医療技術の高度化や専門分野化は目覚しいものがあります。それと並行して、医療現場では様々な専門職がお互いに対等に連携し、患者さん中心の医療を目指す「チーム医療」が主流になりつつあります。「チーム医療」は、医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師などの専門職と共に専門知識を活かして、それぞれの領域で役割と責任を果たすことで成り立ちます。そこでは高度な医療技術や知識のみならず、各専門職がお互いの独自性を認め合い尊重し合う必要があるため、コミュニケーション能力の高い人材が要請されています。

そうした中、本学では1年次からカリキュラムに「チーム医療演習」を導入、各専門職講師の講義を聞く中で「チーム医療」における診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士の位置付けを認識するとともに、自主的にテーマを設定し「チーム医療」に関する演習を行います。それらを通じて、豊かなコミュニケーション能力を備えた人材を育成します。