学部案内


Home » 学部案内 » 臨床工学科 » 学びの特色と実習内容

臨床工学科

前のページへ戻る

学びの特色

医療機器の操作や保守点検だけでなく、医療経済やリスクマネージメント、医療機器の研究・開発など、医療業界をリードしていくことのできる人材の育成を目標としています。

基礎科目では解剖学・生理学などの基礎医学を学び、それらの基礎医学を基に様々な疾患の原因や症状に関する臨床医学を学びます。さらに、疾患の治療や診断に用いる工学技術が人体にどのような影響を及ぼすのか、その効果とともに副作用についても学ぶことで、安全で良質な医療を提供するために必要なスキルを効率よく身につけることができます。

また、大学教育の特性を活かし社会人として、さらには医療人としての資質を高め、コミュニケーション力を磨き、臨床工学技士の立場からチーム医療への関わり方を学びます。

実習内容

臨床工学科の実習例

学内の設備・医療機器を用いた学内実習により、講義で学習した内容と併せてより実践的なスキルを修得します。4年次に実施される臨床実習では臨床における臨床工学技士の位置づけや役割、具体的な業務の流れを理解するとともに、将来医療に携わる臨床工学技士として必要なモラルとマナーを身につけます。

 

学内実習

血液浄化装置学実習

腎臓の機能を代行する血液透析装置や血液透析に必要な水処理装置などの構造・操作法について実習を行います。また、1日の業務をシミュレートし血液透析の施行法を修得します。

さらに、各種血液浄化療法の施行方法についても実習を行います。

呼吸療法装置学実習

換気機能を代行する人工呼吸器の原理や構造、操作法、保守点検法、安全管理について実習を行います。また、酸素マスクなどの酸素投与を用いた酸素療法についても実習を行い、呼吸療法全般にわたるスキルを身につけます。

体外循環装置学実習

心臓手術の際に心臓と肺の機能を代行する人工心肺装置や、心不全の際に心臓のポンプ機能を補助するIABPなどの補助循環装置に関する原理や構造、操作法、また保守点検法、安全管理について実習を行います。

医用治療機器学実習

現代の医療では様々な工学技術を応用した治療機器が臨床で使用されています。電気メスや除細動器、ペースメーカ、輸液ポンプなどの治療機器の構造・操作法・性能評価法を工学系科目と関連付けながら実習を行います。

生体計測装置学実習

診断に使用される心電計や脳波計、生体情報のモニタに使用されるベッドサイドモニタ(生体情報モニタ)など、計測に使用される機器の構造・操作法・性能評価法を修得します。

臨床工学科の年次別臨床実習

年次 前期 後期 目的 方法 時間
(単位)
4年次 臨床実習   ①既習の知識・技術をもとに、臨床工学技士の業務全般にわたる留意事項と具体的な業務について実践できるよう、実際的な場面を通して知識・技術を身につける。

②生命維持管理装置の医用機器や装置について臨床の流れの中で実際の適用とその意味を理解し、臨床工学技士としての実践力を身につける。

③医療の安全管理の重要性と安全確保の実態を知り、安全確保を実践することができる。

④実習体験を通し、将来医療に携わる臨床工学技士としての基本的なモラルとマナーを身につけ、医療者としての行動ができるようにする。
埼玉県内及び近隣の病院に学生40名を振り分け、5週間の実習を行う。
実習の内容は以下のとおり。
①血液浄化装置実習
②集中治療室(人工呼吸器を含む)
③手術室(人工心肺装置を含む)
④医療機器管理業務実習
⑤その他
180時間
(4単位)

取得可能資格

  • 臨床工学技士(国家試験受験資格)
  • 第1種・第2種ME技術者
  • 医療情報技師
  • 医療機器情報コミュニケータ

活躍のステージ

大学病院、国公立・市立病院、総合病院、一般病院、クリニック、医療機器メーカ(サービスエンジニアなど)、学校(臨床工学技士養成校など)、官庁(医療機器・医療機関の審査などの医療行政) など